治療方法の一つ

ハートを持つ医者

仕組みや特徴を考える

うつ病になってしまった場合には、早急に治療をしておきたいところです。治療するといっても、自宅療養などではなかなか元通りの状態に戻すのは難しいです。なぜかといえば、うつ病自体がその人の心理の内面を開かない限り、解決することが難しいからです。心の底で、何らかのネガティブな感情が生まれそれが積み重なることで精神状態に反映されてしまいます。結果的にうつ病になることが多いです。そうだとすれば、自分自身でどうにかなるものでもなく、第3者の力を借りて、うつ病の状態から脱出するしかありません。病院などに行くと様々な治療方法を紹介してくれますが、最近流行しているのがバタフライハグと呼ばれるものです。バタフライハグの仕組みを見ていくと、単に両手を使って腕を交差させる形で肩を叩くことです。肩をたたく場合には、ゆっくりと軽く叩く必要があります。あまり強くたたいても効果がないといわれています。肩を叩くことにより、精神的にリラックスすることが実証されています。そこで精神的なリラックスをより多くするために、バタフライハグをするといってよいでしょう。特に交感神経が優位なっている場合には、リラックスさせることにより交感神経が優位な状態を解除させることが可能です。

バタフライハグにはいくつかの特徴がありますが、そのうちの一つは効果になります。バタフライハグをすることにより、精神落ち着かせ交感神経と副交感神経のバランスを整えることができるでしょう。しかしこの状態は長くは続きません。せいぜい1時間から2時間程度になります。そうだとすれば、これだけでは根本的な解決にならないことがほとんどです。ただだからといって、全く有効性がない訳ではありません。緊張した状態のとき自分でバタフライハグをすることで、緊張をほぐすことが可能になります。一回に通報かは一人をと異なりますが、10分から30分ほどのこともあればそれ以上のことも考えられます。このように、一時的に効果を得ることができる対症療法は、手軽で魅力的ですが根本的に治るかといえばやはりそのようなこともなくもっと別の方法を試みある必要があります。是非セットにしてお答え態度はカウンセリングになります。カウンセリングを行うことで、すぐには難しいもののその人の考え方が少しずつわかってくるようになるでしょう。ある程度わかった場合には、通院する回数を減らしていくと良いでしょう。そして何より、自分自身が自分の過去のことをよく見つめ直すことが重要です。