あらかじめ気にすることは

診察

気をつけることと活用方法を知りたい

人間は、精神的なバランスが崩れてしまうと、行動がおかしくなることがあります。今までポジティブに生きていた人が突然ネガティブになることや、あるいはポジティブとネガティブの落差が激しい人などいるでしょう。このような状態が長期的に続く場合には、精神的な病気にかかっている可能性があります。例えば現代人に多いうつ病などはこのような状態といえます。もしこのような状態になってしまった場合は、専門の医療機関に通うのが一番妥当な考え方です。その中でも、自分で気持ちを落ち着かせ精神を安定させる方法を教えてくれるところもあります。やり方の一つがバタフライハグと呼ばれるものです。バタフライハグをすることで自分の気持ちを落ち着かせて日常生活をバランスよく営んでいくきっかけになるでしょう。ただ気をつけなければならないことは、対症療法にしかならないことです。これを毎日酢づけたからといって、根本的な自分の病気が治る訳ではありません。そのため、自分自身で根本的な原因を見つけることがとても大事であることをよく理解しておかなければいけません。もちろん医療機関に通っている間に、様々な苦難が訪れる可能性があるためバタフライハグを積極的に行うべきです。

バタフライハグをする場合には、医療機関を利用した方がよいですが、わざわざ医療機関を利用する理由は正しいやり方を学ぶためです。よくインターネット上などにバタフライハグのやり方は説明されています。このやり方を知ることで、確かに気持ちを落ち着かせることができる人がいるかもしれません。しかしすべての人が気持ちが落ち着くかといえば、必ずしもそのようなことはないでしょう。実はインターネット上に表示されているやり方が自分に適合するかどうかはだれにもわかりません。もしかしたらうまくいかもしれませんが、逆に効果がない可能性もあります。最終的には、バタフライハグをしたとしても自分自身で気持ちが落ち着かないと感じる場合には、医療機関に通い、正しい方法を学ぶことが必要です。医療機関にかよう目的はそれだけではありません。精神的なバランスを整えて上手に生きていくためには、その原因を追究することになります。原因を追究するためには、自分の心を開くことが必要です。その心の奥底にあるしこりが明確になれば、あとはそのしこりを認めて自分自身で取り除いていく作業が必要です。それまでには半年から1年ぐらいかかることもありますので、その間はバタフライハグで落ち着かせることが大事です。